みしょのねこごや

Diary - 2016年05月

RSS 1.0

05月08日

大学で生物学(正確には初歩的なものと bioinformatics)を学んでよかったなと思う点の一つに,進化論という思考枠組を吸収できた,ということがある。進化論の枠組みで社会を考えるとなかなか面白い発想に至ることがあります。もちろん進化論というのは自然言語で記述されているので理解の揺らぎが大きく,Lamarck と Darwin の違いとか,木村資生の意義とか,正しく理解している自信もないし,従って自分が正しく論を適用出来ているという自信もないのだけれど,それでも戯れには十分です。

で進化論(?)の教えによると,特殊な条件に適応しすぎると破滅することになっている。

なんかもう既に進化論本来の文脈からかけ離れた誤用をしていますが気にしてはいけません。統計力学の概念を入れましょう。

つまり(?)特殊な条件の内部で永遠に生き続けられるという確証がないならば,その条件下でのみ生存できるという状態になるべきではないということです。

つまり(?)素粒子物理学以外の領域でも生きていけるようにしておかなければいけないということで,素粒子物理学だけをやっていてもダメだということになります。


まあそれは嘘で,というかどうでもいい話で,今日は f**k な公募について書きたいと思います。これ(奈良女子大学研究院自然科学系物理学領域教員の公募)です。魚拓もとっておきました。fuck って書いても良いけど f**k の方が cool なのでそのようにしましょう。

何が f**k なのかというと,上記の応募書類のうち,1)-6)は pdf ファイルにして CD-ROM に保存したものも併せて送ってください。という点で,もちろん簡易書留で送付してください。というのも 19 世紀っぽくて渋いのですが,まあ CD-ROM の方です。個人的には「CD-ROM に保存して」というあたりが 2016 年の面白 news なのですが,それは揚げ足取りなのでどうでもいい。

素朴に考えると CD と紙の両方で送るのは意味不明な気がするのですが,実はこれの背景は理解できて,まず CD は backup であるということです。紙を紛失しても安心です。おそらくもう 1 つ理由があって,公文書保存のために選考にかかる記録を残しておく必要があって,CD ならかさばらないし整理しやすいからその用に供しようとしているのでしょう。

まあもちろんそんなことは相手側の都合なので応募する側が慮っても仕方がないし,そっちでなんとかしてよ,という話になるのですが,まあ面倒だけれども職がほしいし応募しようかなあということも 20 秒ぐらい考えましたが,深刻な背景に気づいてしまったのでこれは危険だということになります。

それは何かというと,backup の作成も公文書保存のための整理も本来ならば事務職員ができることなのに,それを応募者にやらせているということで,つまりそれは事務職員が無能か,事務職員が教員よりも権力を持っているか,事務職員が根本的に足りないか,ということです。募集担当の教員もこの応募条件が異常なことはわかっているとおもうのですが,それでもこのような手法にしなければたち行かない状況にあるのでしょう。だいたい物理学をやってるような人間というのは大した事務処理能力がないのでそんな煩雑なことはできないと思うのですが,それでも事務の専門家ではなく物理学者にやらせるというあたりに状況の危険さを感じます。

そのような状況から想像すると,そこに採用された人間はそのような事務処理を(事務職員の代わりに)やらされることになるだろう,という予想が成立します。それなら事務職員をもっと雇ったほうがいいのでは,と思うのですが,しかし職員ではなく教員の公募を出してきている。ということは,事務職員を雇う費用よりも教員を雇う費用の方が安いと思っている可能性が出てきて,それはなかなかに回避したい状況です。アルバイトでもいいから書類を CD に保存する仕事をやる人間を雇った方がいいんじゃないでしょうか。


もちろん他の理由もいくつか考えられて,たとえばこういう公募があると 100 人とか普通に応募してくるでしょうから,それを全部 scan して CD に保存するのは大変かもしれません。それでも 8 時間(1 日)あれば終わると思うのですが,事務職員にはその時間も金もないのでしょう。あるいは応募を煩雑にすることで応募する人の数を減らそうとしている可能性も考えましたが,ここで再び生物学を援用すると「応募者が多いほどよい人を選べる」とわかるので,そんなバカなことはしないでしょう。もう一つ思ったのは,この公募は実は事務処理の能力が高い人間を探そうとしている,という可能性です。それなら僕は適格な気がしますが,別に僕は事務仕事はしたくないのでやめておきます。

以上,「運営費交付金が削減されたせいで金が無い」「教員よりも事務職員の方が給料が高い」「職員が無能」「応募者数を減らしたい」「物理学と事務処理の両方できる人間がほしい」などの可能な説明を考えてきましたが,最後に「職員も教員も何も考えていない」という可能性もあります。まあこれらのどれであってもかなり f**k な気がします。他に何かよい説明があったら教えてください。いずれにせよ,回避すべき公募だと考えたので応募しないことにします。


とおもってよく見たら,僕の分野とは微妙〜〜〜〜〜に専門分野が違う人(弦理論とかやってる人)の研究室だったのでいずれにせよ応募しないことになりました。めでたしめでたし。

Comments

Commented by バーババ  at  2016/05/24(Tue) 00:04:42

お久しぶりです。

いま母校で研究員でもやってるの?

おれはしがないサラリーマンやってます。

日本の大手企業はたいして頭を使わないでも仕事が回ります。